古い空き家の現状

古い空き家の現状
遺品整理は故人が住んでいた家を毎回片付ける訳ではありません。

時にはずっと使っていない空き家を整理させてもらうこともあります。

空き家は埃がたくさん溜まっているだけならまだいいのですが、長い間放置されておりますと雨漏りや木の腐りが進んでいたりして

時には非常に危険なこともあります。
これは古い空き家の縁側ですが、床を見てもらえれば雨漏りがきていることがわかります。

木も自然のものなので時が経つにつれ老廃が進みます。

そしていずれ床が抜けたりします。

そこを歩くのは非常に危険であり、遺品整理の際も気をつけなければなりません。

こうした危険も見積もりの段階で全て把握して、当日は簡単な補修工事を行うこともあります。

空き家の整理も経験豊かなハートケア工房にお任せください。

遺品整理60秒無料見積もり査定
お急ぎの方はご連絡ください ハートケア工房お問い合わせ お電話がつながりにくい時はこちら